メトロポイントをANAマイルに交換・移行する方法(ソラチカカード利用)

目安時間:約 10分

各種ポイントをANAマイルに交換・移行するためにとても有用だったソラチカルート。

 

陸マイラーには必須とも言えるソラチカカードを経由し、各種ポイントをメトロポイントを経由してANAマイルに交換する事ができていましたが、2019年12月27日15時に、惜しまれつつもソラチカルートが使えなくなってしまいました。各種ポイントをメトロポイントに集めるための、LINEルートが閉鎖になってしまったためです。各種ポイントをLINEポイントに集め、LINEポイントをメトロポイントに交換するのがソラチカルートの肝だったのですが、LINEポイントと各種ポイントの交換が大規模に閉鎖されてしまったのです。

 

惜しまれつつも閉鎖されてしまった、ANAマイルへの高レート交換が可能だったソラチカルート・・・

 

しかし、ソラチカルートが無くなってしまったとは言え、ソラチカカードの利用価値が無くなった訳ではありません。

 

※ソラチカカードの正式名称は、「ANA To Me CARD PASMO JCB」ですが、この記事では「ソラチカカード」と呼称を統一します。

メトロへの乗車でポイントが貯まる!

東京メトロ線への乗車でポイントが貯まります。

 

ソラチカカードにはPASMOの機能がありますので、改札でソラチカカードをかざせば各種電車に乗車する事ができます。ソラチカカードにオートチャージの機能がついていて、改札でソラチカカードをかざせば自動的にクレジットカードからオートチャージされ、改札を通る事が出来る仕組みです。

 

以下は、12月20日に改札を通った時のオートチャージの履歴です。ソラチカカードを改札にかざした時、ソラチカカードのPASMO側の残高が不足していれば、自動で3,000円がオートチャージされる仕組みになっています。ソラチカカードを1枚持っているだけで、PASMOとしても使えますので、私はスマホとセットで常に携帯するようにしています。

 

 

そして、ここからが本題になっていきますが、ソラチカカードで東京メトロに乗ると「メトロポイント」が貯まります。厳密には、普通のPASMOでもメトロポイントは貯まるのですが、ソラチカカードでの東京メトロへの乗車は、チート級レベルにメトロポイントが貯まってしまうのです。

 

まずは、通常のPASMO。

 

 

1日あたりの乗車あたりで、平日なら3ポイント、休日なら4ポイント、10回乗車ごとに10ポイントがもらえる仕組みです。たとえば、月あたり平日は1日2乗車を10回、休日は1日2乗車を5回とすれば、3ポイント×10回+4ポイント×5回+ボーナス30ポイント(合計30乗車)=80ポイントが付与されます。

 

ですが、ソラチカカードの場合は以下になります。

 

 

ソラチカカードの場合は、「メトロポイントPlus」という制度になり、平日1乗車ごとに5ポイント、休日1乗車ごとに15ポイントになります。先ほどと同じく月あたり平日は1日2乗車を10回、休日は1日2乗車を5回とすれば、5ポイント×20回+15ポイント×10回=350ポイントが付与されます。

 

メトロポイントPlusは乗車ごとにポイントが付与される仕組みになっており、休日乗車にいたっては1乗車あたり15ポイントが付与されるという、かなり高いポイント付与率になっているのです。仮に165円区間で乗ったとすれば、10%に近いポイントが付与されるという事になります。ソラチカルートは閉鎖になりましたが、普通に東京メトロに乗車するだけで、このようにポイントは知らずに貯まります。

 

 

この月は1,060メトロポイント貯まりました。ANAマイルへの交換レートは破格の90%ですので、1,060ポイント→954マイル相当という事です。

 

惜しまれつつもソラチカルートは閉鎖になってしまいましたが、厳密には「LINEルートの閉鎖」です。通常どおり貯まるメトロポイントは、引き続きANAマイルに高レートで交換する事が出来ます。通常のPASMOで貯まったメトロポイントはANAマイルに交換できませんが、ソラチカカードによる乗車ポイントはマイルに交換出来ます。

 

東京メトロに乗る陸マイラーにとってソラチカカードはまだまだ必携と言えるでしょう。

 

ソラチカカードを作るならポイントサイトを経由!

普通のPASMOで貯めたポイントはANAマイルに交換する事はできません。ANAマイルへの交換には、ソラチカカードが必須になりますのでご注意ください。ソラチカカードを発行するためには、ポイントインカム等のポイントサイトを経由して申し込むのがお勧めです。カード発行で数千円分のポイントがもらえるので、申込みの際は注意しましょう。

ポイントサイトのポイントインカム

 

メトロポイントからANAマイルへの交換の注意点

ポイント交換手順を掲載していきますが、いくつか注意点があります。

 

まず、メトロポイントからANAマイルへの交換には期限ごとの区切りがあります。

 

・「毎月15日まで」がポイント交換申請の期限

・15日までの受付で翌月10日ごろにANAマイルに移行完了。

 

たとえば、5月16日にメトロポイントサイトで移行申請をした場合、「毎月15日まで」の期限を過ぎています。その場合、6月15日〆としての受付となり、ANAマイルへの交換が完了するのは7月10日頃になってしまいます。仮に5月15日に移行申請を完了していれば、5月15日〆に間に合っているので6月10日になります。

 

移行申請のタイミングによって1ヶ月の差になってしまいますので、交換申請期日には注意しましょう。

 

また、ポイント移行申請は「月に1回まで」です。

 

たとえば5,000ポイント貯まっていて、2,000ポイントと3,000ポイントの2回に分けて移行申請する事はできません。1回交換申請をしたら、その交換ポイントがANAマイルに交換完了するまでは次の移行申請は出来ませんので、まとめてポイント移行を申請するようにしましょう。

 

気になる以降レートは、100ポイント⇒90マイルです。100ポイント単位の移行申請受付です。

 

また、「月に20,000ポイントまで」という制限があります。ソラチカルートの閉鎖によってここまで貯める人はいなくなったと思いますが、上限もありますので注意するようにしましょう。

 

 

メトロポイントからANAマイルへの交換の手順

 

① 東京メトロのポイントサイトにアクセスし、ログインします。

 

<<東京メトロのポイントサイトへ>>

 

② メトロポイント移行申請をクリック

 

③ ANAマイレージクラブを選択

 

④ ANAマイルに移行したいポイント数をメトロポイント数で入力します

 

⑤ 確認画面が出ますので、「送信する」をクリックします。

 

⑥ 移行申請が完了しました。

「申請中」となっており、今月はもうANAマイルへの移行申請はできません。

 

⑦ 翌月11日にANAマイルに到着しました。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

 

ソラチカカードで東京メトロに乗ると「乗車ポイント」がつきます。そのポイントが意外に高レートなので、都心近郊にお住まいの方や東京方面に出張の多い方は、普通に東京メトロに乗車しているだけでも、知らずとメトロポイントが貯まります。10%近いレートでポイントを貯める事も可能で、且つ、90%という高レートでANAマイルに交換可能なのも魅力です。

 

ソラチカカードは年会費が2,000円ですが、1年毎の更新時に1,000マイルが付与されます。マイルの価値を考えると、2,000円でこのソラチカカードを持つのは依然として高くないと思います。

 

普通のPASMOで貯めたポイントはANAマイルに交換する事はできません。ANAマイルへの交換には、ソラチカカードが必須になりますのでご注意ください。ソラチカカードを発行するためには、ポイントインカム等のポイントサイトを経由して申し込むのがお勧めです。カード発行で数千円分のポイントがもらえるので、申込みの際は注意しましょう。

ポイントサイトのポイントインカム